シュタイナー教育・自然素材の雑貨・おもちゃの店 通信販売でお品物をお届けいたします。 レインボーリーブス 三鷹市井の頭1-2-9  TEL 090-3132-6451
ホーム書籍とDVD歎異抄が問いかけるもの-シュタイナーの視点から
商品詳細

歎異抄が問いかけるもの-シュタイナーの視点から

販売価格: 2,640円 (税込)
[在庫あり]
数量:
呼応しあう
親鸞と
シュタイナー

歎異抄の魅力に新たな光をあてる。

シュタイナーによれば、
思想は抑えがたい強い衝動として
ある特定の人物を通じて生まれます。
親鸞が襲われた衝動には、
従来の浄土教の伝統をうち破るものがあったのであり、
その新たな衝動がいまも私たちの精神生活に
訴えかけているのだと思われます。   -帯の文章より-

著者 塚田幸三
    1952年生まれ 
    大阪府立大学農学部卒・英国エジンバラ大学獣医学部修士課程終了
    著書「シュタイナー教育から池田晶子」-群青社
       「滝沢克巳からルドルフ・シュタイナーへ」-ホメオパシー出版など多数
 
目次
序章
 「歎異抄」と現代の課題
    1 歎異抄の現代性
    2 現代の課題
    3 ヘルマン・べックの仏教論
第一章
   「一人について」
    1 親鸞の「一人」とシュタイナーの「自己意識」
    2 民族性と人間の歴史的課題
    3 補足的考察
    4 まとめとして(シュタイナーの視点から)
第二章
「悪人正機」について
    1 「悪人」とは誰か
    2 「悪人」と「一人」
    3 「悪人」の歴史性
    4 「三願転入について
    5 懺悔について
    6 煩悩について
    7 まとめとして(シュタイナーの視点から)
第三章
   「他力」について
    1 「他力仏教」の歴史的意味
    2 「摂取不捨」の構造
    3 「時」の問題
    4 まとめとして(シュタイナーの視点から)
第四章
   浄土について
    1 親鸞の阿弥陀浄土
    2 親鸞の浄土
    3 親鸞の宿業
    4 シュタイナーの視点から
第五章
   まとめ   
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス